農業研修・独立 レタス 農業生産法人

お気軽にお問合せくださいお気軽にお問合せください

農場長の声

農業生産法人有限会社トップリバー >> トップリバーの人材育成 >> 農場長の声

農場長 Y.M.さん

プレッシャーが大きい分、喜びやうれしさも感じられる職場です

現在の仕事内容は?

富士見第1農場の農場長として、生産から出荷まで農場運営に携わるすべての業務を行っています。
具体的には、年間の出荷・作業計画の立案、採用や面接活動、営業と販売についての打ち合わせ、経費精算など、生産だけでなく経営面も含めたあらゆる仕事をしています。

トップリバーへ入社した理由は?

生まれも育ちも長野県で、長野県で農家として独立したい気持ちがありました。
ただ、のんびりした農業ではなく、ある程度の生産規模を持った農場を経営して、都会の人間と変わらない収入を得たかった。
模索する中、トップリバーを知り、農家として独立する最短ルートだと感じて入社しました。

入社後の感想は?

社長は『農業は儲かる職業だ』という理念を掲げており、それが自分の将来像に最も近いと感じました。
実際に入社すると、入社前よりも強く社長の理念を理解できました。
その思いに付いて行くのは大変ですが、同時にやりがいでもあります。

トップリバーの仕事は大変ですか?

社長には、大規模農場経営者に育て上げるには、一定の厳しさを持って接しなければならないとの思いがあります。
畑の人間に対する要求も高いです。
例えば、私が任されている農場は実面積で6ヘクタールありますが、初めて農場経営に携わる人間にしては大きいと思います。
当初は、大きなプレッシャーと責任感を覚えました。
農場長は、農業経営者になるための1つの通過点だと思っていましたので、第一段階をクリアできたことに喜びやうれしさも感じています。

将来の夢は?

地域を生かして、地域から信頼してもらえるような、地域を巻き込んだ農場経営をしたいです。
単純に地域の人を雇用するだけでも地域の活性化につながります。
耕作放棄地を積極的に畑に変えることで、地域の思いに応え、信頼される農家になりたいです。

最後にトップリバーへの入社を考えている人たちに一言お願いします。

大規模農場経営は楽ではないどころか、難しいことです。
だからこそ、やりがいもあります。
農業は体を動かして、農作物という形あるものを作ります。
目に見える分、実感も持ちやすいです。
農業に強い思いがある人は、ぜひトップリバーの門を叩いて下さい。

このページの先頭へ