農業研修・独立 レタス 有限会社トップリバー

お気軽にお問合せくださいお気軽にお問合せください

トップリバーのフォロー体制

有限会社トップリバー >> トップリバーの人材育成 >> トップリバーのフォロー体制

トップリバーの研修制度

 

日本の農業の未来を担う情熱ある若者を全力で応援します。

トップリバーにとって研修生は大切な宝であり、家族でもあります。研修生の皆さんが農業経営者になるという夢をかなえられるよう、様々なフォロー体制を整えています。

安心・充実のフォロー体制

研修期間中もトップリバーの正社員として雇用します。

正社員ですから給与や賞与はもちろん、社会保険も完備されています。研修制度のある中でもトップリバーは給与体系が整っているため、研修期間中でも生活の安定が保証され、独立に向けての技術の習得に専念できます。

独立資金を貯めることができます。

トップリバーでは、研修4年目以降は評価制度に応じてボーナスを支給しています。研修生の多くがボーナスを貯金することで、農業技術を学びながら独立資金を貯めています。
※研修4年目以降では、年収300万円~500万円の支給実績があります。

国からの助成金・補助制度などを受けられるようサポートします。

行政などの就農支援金などの情報をトップリバーがいち早くキャッチ。希望者には助成金・補助金による支援が受けられるよう情報提供を行います。

就業時間内でも、資格取得・研修受講ができます。

就業時間内でも、資格取得・研修受講ができます

トラクターを運転するための大型特殊免許など、就農に必要な資格は就業時間内でも取得できます。また、農業適正規範(=GAP。農産物の管理手法)の勉強や、パソコンを使ったデータ分析などICT関連の研修等も積極的に行っています。

農地・販路・農機のサポート

トップリバーでは、研修期間中から独立就農に向けて準備を開始します。

農地貸与のサポート

研修期間中に、将来どの地域で独立するかを決めます。独立する地域が決まったら、その地域に何度も出向き、地元の方々と交流し、人脈づくりや情報収集を積極的に行うことが大切です。
また、長野県御代田・富士見町の両地域で独立就農する場合は、研修中に使用していた農地を借りることもできます。

販路のサポート

独立時にはトップリバーの販売網を利用したり、トップリバーと契約することにより安定した販売ルートを築くことができます。

農業機械準備のサポート

独立時、研修生にはトラクターや特殊機械などの必要機具を購入できるルートを紹介したり、トップリバー所有の機械を譲り渡すケースもあります。

トップリバーの研修制度トップリバーの研修制度

このページの先頭へ